payasamhanakoの日記

インド映画とNetflixの感想。ICSIの備忘録。

LUST Stories(邦題:慕情のアンソロジー)

「LUST Stories(邦題:慕情のアンソロジー)」

「Bombay Talkies」の続編のNetflixオリジナルインド映画。R18コメディ。

愛とセックス、人間模様を描いたオムニバス。4作ともに非常におもしろい、超おすすめ。

監督順は「Bombay Talkies」と真逆になってる。

f:id:payasamhanako:20180616223933j:image

1本目:Anurag Kashyap

《あらすじ》

出来心で男子生徒に手を出した既婚の教師。自分でも恋とは認められないけど、生徒が他の女子と仲良くしてるとイライラする。生徒の様子が気になって尾行にネスト、自宅凸まで。あー!モヤモヤしちゃう!


所々リアリティを感じて興奮。特に男子生徒へのストーキングシーン。イライラモヤモヤするとわかっていてもやめられない行動、悪くない相手への八つ当たり、身に覚えがある人も多そう。

オチの「私は人妻よ!?」が最高にクレイジーで良かった。いや常に教師はクレイジーだった。男子生徒は終始「えぇ~…」って感じでそれがまた良かった。教師と生徒って関係がある以上強く拒否できない生徒が非常に気の毒で、みていて面白い。

この女性教師に翻弄される男子生徒役Akash Thosarくんがすごくかわいい。

f:id:payasamhanako:20180616225229j:imagef:id:payasamhanako:20180616225238j:image

教師の独白のシーンは誰を相手にしてるのか気になった。女友達か、はたまた視聴者なのかと想像してワクワクする。

「Hrithik Roshanをズリネタに~」の下りで爆笑してしまった…。色々な映画でネタになるHrithik。

f:id:payasamhanako:20180616224006j:image

 

 

2本目:Zoya Akhtar

《あらすじ》

家主の男性と性的関係をもつお手伝いさん。両親に占いの結果で結婚を決められた家主は、自宅で未来の妻・家族と顔合わせをする。


ストーリー自体は非常に単純なんだけど、「家主とお手伝いさん以外誰も知らない2人の関係」を知っている視聴者はこのリアルな緊張感にドキドキする。映像は終始落ち着いているのにドキドキが止まらない。

この映像の見所は音やお手伝いさん視点のカメラワーク。静かな映像だけに、ここら辺を上手く使って場の雰囲気を演出してる。カタカタゆれるお盆の上のお皿、キッチンに響くリビングの家族の話し声、扉の隙間から見る家主と妻の様子。

お手伝いさんは家主のことが好きだったのか、どんな気持ちで妻のことを見つめていたのか…などお手伝いさんの気持ちを色々と推察して楽しむのが面白い。

結婚祝いに家族が持参したミターイが美味しそうだった。

f:id:payasamhanako:20180616224057j:image

 

 

3本目:Dibakar Banerjee

《あらすじ》

13年の結婚生活で夫に愛想を尽かし、夫の友人と不倫する妻。不倫相手といる時に夫から電話があり、わざと鉢合わせるよう仕向ける。 夫、妻、不倫相手の3者の関係を描く。


40代後半~50代の男女の愛についての話。こんな話なのにチャイムの音が「エリーゼのために」(ベートーベンが愛する人を想って書いた曲)で皮肉なんだか何なんだか。

みている時に思う「どうしてこの妻は不倫をしたのか?」という疑問は夫との電話のシーンをみると解決する。「俺が与えた人生を生きろ」の一言はかなりキツい。そんなことを言われても、寝室で涙する夫を思わず抱きしめる妻に、長年寄り添ってきたパートナーへの愛を感じる。

最後の妻の清々しい表情がとても良い。そして3人の関係も良い。

個人的にこれをなぞってイギリス俳優で1本映画を撮って欲しい。妻はKate Winslet、不倫相手はColin Firth、夫は思いつかないな…Hugh Grantくらいしか釣り合う人がいない気がするけどちょっと違う…

f:id:payasamhanako:20180616224129j:image f:id:payasamhanako:20180616224134j:image

 

 

4本目:Karan Johar 

《あらすじ》

新婚の女性教師は結婚相手との性生活に不満を感じている。職場の仲良し司書にアドバイスを貰うが、夫と家族の前で大失態を晒してしまい離婚の危機に…


始めの引きのカットから音楽の使い方まで映像の全てからKaran Johar臭が漂っていてすごい。やっぱり4本の中で一番娯楽色が強く、俳優のプロデュースという点でもピカイチ。そして話の内容がこれまたすごい。Karan Joharはこんな映画も撮れるんだと驚いた。

「女性にも欲求がある」を芯にした話。欲求というか性欲というか。あまりおおっぴらにされることのないテーマであり、全ての女性が抱える悩みでもある、非常に面白いチョイスだった。

f:id:payasamhanako:20180616225337j:image

「夫は男子校出身で女性とのコミュニケーションに慣れていない」という設定が非常に良い。夫を演じるVicky Kaushalが最高に良い。突然ワニの真似をしたり(これがまた面白い)、初夜で達する時にいい笑顔で「結婚おめでとう」と言ったりとにかく気持ち悪いキャラクターで最高。所謂「童貞」っぽさがあらゆるところに散りばめられている。

オタクなのでおばあちゃんのローター遠隔操作に大喜びしてしまった。あんなのpixivでしか見たことない。あとは司書がど変態で声出して笑った。教師の「なんで図書館なの?」の問いに本当だよ!!と叫びそうになった。

教師役Kiara Advaniの熱演もすごい。ガッツを感じる。道端でのAVの下り、問題のシーン(?)なんか思わず拍手してしまう。若手かと思ったらHindiとTeluguの女優のようで、結構出演作がある。激推ししてしまう。とても綺麗。

f:id:payasamhanako:20180616225418j:image f:id:payasamhanako:20180616225414j:image

 


4本全て面白いけどコメディ色の強い1本目と4本目が印象に残る。2本目はこれだけで1本の映画にするのは難しそうだけど、オムニバスに入ってるとそのオムニバスは最高の作品になるって感じ。3本目は前述の通り1本映画が作れそう。

f:id:payasamhanako:20180616223928j:image