payasamhanakoの日記

インド映画とNetflixの感想。ICSIの備忘録。

わたしはマララ(原題:He named me Malala)

「わたしはマララ(原題:He named me Malala)」

〈あらすじ〉

17歳の少女がノーベル平和賞を受賞した。タリバン制圧下のパキスタンで教育の必要性を訴え銃撃されたマララは、奇跡的に一命を取り留める。「自分は特別でない、どこにでもいる子供の1人」彼女の生い立ちや名前に込められた意味、彼女が危険を伴う教育啓発活動をする意味とは。

f:id:payasamhanako:20180723153749j:image

 

本編とあまり関係ないんだけどアニメーションでのマララの父の吃音の表現が面白くて感動した。なるほどな〜!と興奮。

 

恥ずかしながら17歳の少女がノーベル平和賞を受賞したことすら知らなかった。マララが「怖いものはない」と言ってたのが印象的。若いってすごいなと一瞬思ったけど年齢関係なく彼女が強いから出た言葉よね。