はな子日記

インド映画とNetflixの感想。ICSIの備忘録。

心拍確認 KLC卒業

《心拍確認 KLC卒業》


7w1dで心拍確認でき無事KLC卒業。自分の誕生日前に心拍確認しておきたいと思い6w0d(2/4)に近所のクリニックで心拍確認、その時よりも胎芽は大きくなってた。心臓の動きもはっきりとみえてじわじわと嬉しくなってきた。無事にこの子を抱けますように。人生で一番の誕生日プレゼントをもらった!


KLC卒業の日は採血なしで検尿だけなのを知らずに10階に行ってびっくりした。よかった頻尿で。ギリギリ絞り出した。

分娩先の希望を医師に伝えたらその病院は限られた区の重症例しかとってないと言われまたびっくり。話を聞くと結構面倒な紹介の仕方(KLCがその区にある産婦人科クリニックへ紹介状を書く→紹介先の産婦人科クリニックでハイリスクと判断されればその病院へ紹介状を書いてもらえる)をしないと予約が出来ない病院のようで、第二希望の病院を伝え無事紹介状を書いていただけた。分娩先を決めるにあたっての条件はNICUがあることだけ。それだけあればわたしは不安にならない。そこだけは譲れない。


つわりは5w終わりから始まって6wは吐き気がキツくてしんどかった。7w入って昨日今日と波があり気分爽快!って時ともうダメ…って時がある。おそらくメインは匂いつわりと食べつわりで、異常にお腹が空くし空腹になると即吐き気がくる。だけど食欲もまちまちで食べられない時はどんどん具合が悪くなる。毎日浴びるように飲んでた牛乳が飲めなくなり、インド料理も匂いでアウト。確実に食べられる?ものはウィダーだけであとは日替わり。つわりがある時はキツいけどなければないで不安になるのが面白い。一般的にはこれからピークみたいだけどあまり酷くならないといいな。

LION 25年目のただいま(原題:LION)

「LION 25年目のただいま(原題:LION)」

〈あらすじ〉

5歳の時にインドで迷子になりオーストラリアに養子に出されたサルー。成人し充実した毎日を送っていたが次第に故郷の家族への想いが募っていった。友人の思い付きをもとにサルーはGoogle Earthで実家を探し始め…

f:id:payasamhanako:20190130202906j:image
f:id:payasamhanako:20190130202902j:image

 

少年サルー役Sunny Pawarくんがかわいすぎる。青年サルー役は「スラムドッグ・ミリオネア」のDev Patel、恋人役に「キャロル」のRooney Mara。

f:id:payasamhanako:20190130202944j:image
f:id:payasamhanako:20190130202940j:image

Dev Pate俳優としてとても好きなんだけど養子として幼少期からオーストラリアで育った青年役なのに流暢なブリティッシュイングリッシュで話すのが面白かった。

ナワちゃん目的でみたけど一瞬しか出てこない。でも圧がすごい、怖い。

f:id:payasamhanako:20190130203004j:image

これが実話なのかと驚く。少年サルーに近づく大人がことごとく人身売買をチラつかせてくるのが怖かった。怪しい大人から逃げ切れたことも、素晴らしい養母に出会えたことも、いい友人や恋人を持ったことも、実母と再会出来たことも全てが奇跡。

シャヒド(原題:Shahid)

「シャヒド(原題:Shahid)」

〈あらすじ〉

テロリストとして起訴された人々を冤罪から救い、若くして命を落とした弁護士Shahid Azmiの人物像に迫る。

f:id:payasamhanako:20190130202737j:image
f:id:payasamhanako:20190130202734j:image

 

『逮捕歴のある人権活動家が弁護士になりテロリスト被疑者のムスリムを冤罪から救っていくけど、敵に逆恨みされて殺されてしまう』っていうわかりやすい話の展開なのに理解するのが難しかった。ムンバイテロ事件に関する知識もなければ裁判の知識もないので。

中盤以降出てくる女性の検察官が小煩くてすごくイライラした。人権活動家をしていて逮捕された流れ、インドの教育、ムンバイテロ事件の背景あたりをもう少し勉強してからみるとグッと面白くなるんだろうな(と毎回反省するのに勉強しないからいつまでたってもちんぷんかんぷん)

胎嚢確認

《胎嚢確認》


BT17、判定日から10日後に胎嚢確認。無事10.6mmの胎嚢と卵黄嚢が確認できた。実は夜勤のあとからずっと右下腹部が突っ張っていることが不安で近所のクリニックに行ったら、1/24(BT12)の時点で3.9mmの胎嚢が確認できていた。そこから1日約1~1.5mmずつ胎嚢が大きくなっていると順調だと聞いていたので、昨日KLCに行った時10mmを超えていて嬉しかった。多少測定結果に誤差はあるだろうけど。

次回2週間後に心拍確認できれば卒業、それまでに分娩先を考えていてくださいとお話があった。2週間またソワソワしてしまうだろうな。1週間後にまた近所のクリニックに行ってみようと思う。

移植周期(自然周期) D25(判定日)

《移植周期(自然周期) D25(判定日)》


E2 356

P4 32.6

β-hcg 116.8


BT7判定日、無事陽性だった。BT5からフライングしていたので着床していたらしいことはわかっていたけど数値を見るまで安心できずソワソワした。

医師から「β-hcgが80を上回る人はあまりいない。とてもいい数値。年齢を加味した上で9割以上出産までたどり着けるでしょう。おめでとうございます」とお話があった。おめでとうと言われても嬉しい気持ちより胎嚢確認までたどり着けるのかと先の不安の方が大きかった。陽性判定をもらったらもっと嬉しいものだと思ってたけど、今まで何度もがっかりしてきたから素直に喜べない。もちろん少しは嬉しい。どうか無事に卒業出来ますように。

移植後の症状はよくわからない。意識しすぎて普段と違う気もするし、同じような気もする。特別変わったことはない。BT4くらいまで絶対着床してる!今回はうまくいってる!と謎の自信があったけどそれ以降は自信が無くなっていき、自分を守るために陰性だった場合のシュミレーションばかりしていた。移植後~判定日までこんな感じに感情の移り変わりする人多いんだろうなあと思う。

次は月末に胎嚢確認でそれまで妊娠継続できているかまたソワソワしちゃうんだろうな。映画みて楽しくいつも通り過ごしたい。

歩み寄るイスラエルとパレスチナ(原題:Disturbing the Peace)

「歩み寄るイスラエルパレスチナ(原題:Disturbing the Peace)」

〈あらすじ〉

終わりの見えない戦争に疲弊したパレスチナイスラエルの元兵士や自爆テロを計画していた人物らが団結し、非暴力による平和の実現を訴える姿を追うドキュメンタリー。

f:id:payasamhanako:20190118230901j:image


両国の政治や宗教的な関係性を知るためのドキュメンタリーというよりは、両国の人間が互いの国に対してどういう感情を抱いているのか、人間として現状をどう感じているのかを知るためのドキュメンタリーだった。今回はパレスチナについて知るためにみた。

国のために自爆テロを計画して投獄された女性が看守の対応に感銘を受けて初めて相手の立場からものを見ることを知ったエピソードが面白かった。国や宗教、人種や政治的なフィルターを通して相手をみるのではなく、ひとりの人間として相手のことを考える。これって難しい。平和な日本で暮らしてたって何かのフィルターを通して相手を見て、勝手に敵だと思い込むことは日常的にある。ましてやこの両国においては互いに大切な人を殺し合い憎みあってる背景がある。こんな背景がありながら冷静な姿勢になれるよう努力することは凄いことだと思った。

「戦争を生むのは人間だから戦争を止められるのも人間だ」という言葉にハッとさせられた。当たり前だけど戦争って天変地異のように人間の意思に関係なく勝手に始まるものじゃない。少しずつ歯車が狂って次第に関係がこじれていき状況がより悪い方へ向かう。人間関係が悪化する過程って大体こんな感じだ。

「物語を始めたのが夫婦だとしたら、それが親戚に広がる。そして村へ町へと広がっていくさらに国へ宗教へ。そして大陸へ世界へと。そして人間性へたどり着く。そこまで広がれば我々の問題はすぐ解決する」この言葉も印象に残ってる。初めに声をあげることがどれだけ難しいか。平和の実現のため行動する勇気のある人々がいることが救いだ。

歌声にのった少年(原題:The Idol)

「歌声にのった少年(原題:The Idol)」

〈あらすじ〉

ガザで暮らすムハンマドは美しい歌声の持ち主。姉と一緒にバンドを組み歌手になる夢に向かって努力していた時、姉が腎不全により病死した。自分の歌声を評価してくれた姉との約束「スターになって世界を変える」ため、ムハンマドは国境を越えエジプトで開催されるコンテストに参加する。

f:id:payasamhanako:20190117123709j:image f:id:payasamhanako:20190117123759j:image

 

パレスチナ映画、Amazon prime videoでレンタル。ストーリーは理解しやすい。ガザの街並みや瓦礫の山などバックに映る風景も勉強になる。エジプトを繋ぐ地下道を使えた頃の小遣い稼ぎの様子や厳しい検問所の様子などがわかり勉強になる。(なにせパレスチナの知識がない)

f:id:payasamhanako:20190117123826j:imagef:id:payasamhanako:20190117123832j:image

大問題なのがわたしは美声の持ち主と言われてるムハンマドくんが美声なのかわからなかった。コーランの誦唱を聴いたことがないから比較できないし、歌い方?が独特でよくわからなかった…。インド映画をみ始めた頃も文化がわからず「???」となりながら映画をみてたのを思い出す。たくさん映画や動画をみて勉強して文化を知って慣れるしかない。

f:id:payasamhanako:20190117123817j:image