はな子日記

インド映画とNetflixの感想。ICSIの備忘録。

妊婦健診5回目

《妊婦健診5回目》

4週間ぶりの健診、24w0d。次回からは2週間おきに健診。

今日は主人と同じ寝方をしていて、両手でお顔を隠しておまたを閉じてた。よく動くのに頑なにお顔とおまたは見せてくれず。でもほぼ確実に男の子のようでおまたに何か付いてるようにみえた。生まれてから主人と並んで同じ寝方をしてくれたら愛おしくて仕方ないだろうなと幸せな気持ちになった。元気に動いて大きくなっていたので安心。700g超えで平均より少し大きめみたい。

体重は妊娠前+2kgで経過。次の健診までなるべく体重キープしたい。もとがデブだから無理のない範囲でなるべく体重増やさずいきたい、できれば+5kg以内で頑張りたいところ。

ベビーグッズは産休に入ってから揃えていこうと思うけど、ネットでサクッと買えるように実物だけお店で確認したくて最近やっと動き出した。産休まであと2カ月。最近はぐっとお腹が大きくなってきて寝苦しかったり、食後息苦しかったりする。後期はどれだけ苦しいのかと少し心配だけどなるようになる。

妊婦健診4回目

《妊婦健診4回目》

4週間ぶりの妊婦健診、元気に動いてくれていたのであまり不安はなかった。20wだからとこれまでより時間をかけて赤ちゃんをみてもらえて嬉しかった!看護学生と医学生が同席してたのもあるのかな。赤ちゃんは異常なく週数相当に成長していてもう300g超え。そりゃお腹も大きくなるし重く感じるわけだ。初めて主人が付き添ってくれていたので、4Dの方が理解しやすいんじゃないかと思い医師にお願いしてみたらあっさり見せてくれた。最初後ろ向きだった赤ちゃんは「こっち向いてくれないかな」と言ってたらもぞもぞと正面を向いて少しの間だけどお顔も見せてくれた。なんてかわいいんだろうと感激。主人はやっぱり4Dが理解しやすかったようで、喜んでエコー写真の写真を撮ったり「ミスター胎児」と褒めたりしていた。逆子でエコーするには位置が悪いかと思いきや、またまたよく動いてくれて性別はほぼ確実に男の子と判明。

母子手帳ケースを買った頃は漠然と男の子な気がすると思いながら、男の子でも女の子でも良いようにと水色のケースを選んだのを思い出した。女の子は水色にしても素敵だし、シンデレラのドレスの色だしと。お腹が成長するにつれ家族含め周りの人からは満場一致で女の子と言われてきたからわたしもいつの間にか女の子なんだと思い込んでいたようで、お股にかわいいものがついてるのをみた瞬間すごく驚いた。性別はどちらでも良いから元気に生まれてきて欲しいと思っていたけど男の子を育てられるだろうかと少し不安になった。これはもう一緒にMCUをみるしかない。

今のところ妊娠前+1kgで経過してる。これと言った不調もなくのびのび無理せずたくさん歩いてるからだろうか。これから暑くなるから外出が減りそうだけど可能な限りお散歩は続けたい。

驚いたのは今日の検診が0円だったこと。エコーがあるだけで最低でも3千円くらいするもんだと不妊治療で刷り込まれてたから拍子抜けした。難しいことだとは理解してるけど不妊治療もせめてエコー代だけでも保険適用になればなあ。それか所得に関係なくエコー50回分のチケットとかくれたらなあ。そしたらかなり助かるなあ。AIH、IVF-ICSIで高度な専門技術のいる所(採卵、移植、培養等)は容赦なく点数とってくれていいから通常診療で起こりうる範囲の処置は保険適用がいいなあ。でも投薬管理(排卵誘発)とかも高度な専門技術っちゃそうなのかもしれないし。色々線引きが難しいなあ。

タカの獲物(原題:Madaari)

「タカの獲物(原題:Madaari)」

〈あらすじ〉

ムンバイ、橋の崩落事故で息子を亡くした男は汚職にまみれた役人たちへの復讐を決心する。

f:id:payasamhanako:20190504093140j:image


ドキドキさせられながらも淡々と話は進む。シリアスな映画ではあるけどNimarとRohanの関係性ややりとりに和むところもあり、最後は二人の関係性に涙した。

Irrfanは目が離せなくなるような演技をする。本作では苦しみや怒りを原動力に正義のために闘う父親の役。個人的な復讐というよりは、政治家の汚職問題への問題提起。Rohanを誘拐するという手段をとったけど決して傷つけはせず父親の様な優しさで見守る様子があり、そういう面から息子を亡くした悲しさが伝わってくる。素晴らしい演技だった。


主演がIrrfanで巻き戻し演出の多用というとBlackmailが思い浮かんだけど監督はDrishyamのNishikant Kamat。Nishikant監督の映画は英語字幕でしっかり理解できるのか不安なことがあるので日本語字幕付きでみられるのは嬉しい。

彼女の権利、彼らの決断(原題:Reversing Roe)

「彼女の権利、彼らの決断(原題:Reversing Roe)」

〈あらすじ〉

米国で人工妊娠中絶を認めたロウ対ウェイド判決を覆そうとする政治運動を追ったドキュメンタリー。

f:id:payasamhanako:20190504092617j:image


面白かった。人命が関わることは色々なことが複雑に入り組んでて判断が難しくなる。それを政治的、宗教的な権力争いに使うのは意味がわからない。わたしはプロチョイスを支持してる。性行為の時点で女性の選択権が行使されたという考えは理解できない。

同じ中絶であっても「レイプで妊娠してしまった女性が中絶を選択する」というのは日本では理解されやすい。「出生前診断で染色体異常や児の予後に関わる重度の疾患が見つかった場合の中絶の選択」となるとまた別の反応がありそう。命の選択と言っても多岐にわたる問題がある。

実際に自分がその状況におかれなければ到底理解できないことなんか山の様にある。何も知らず何も見ずに批判するのは簡単だけど、批判する前にその事象を理解しようとする努力は怠ってはいけないなと日頃から思う。

妊婦健診3回目

《妊婦健診3回目》

問題のOGTTは異常なしで晴れてDM疑惑がなくなった!それでも炭水化物大好きで食が偏りがちなので注意していきたい。

赤ちゃんは週数どおりに成長していてもぞもぞ動いてた。16週で早ければ性別がわかるかなとちょっとワクワクしてたけど頑なにうつ伏せから動いてくれず性別はわからず。わたしもうつ伏せで寝るの大好き。性別はどちらでも良くて元気に健康に生まれてきてくれればそれでいい。

13週から一気にお腹が出てきた気がする。15週からは胎動もわかるようになった。赤ちゃんが無事に成長していることを実感できるから初期に比べてだいぶ安心感はある。

ただ不妊を拗らせてて安定期に入った今も無事に産まれてくるまで何があるかわからないと少しの不安が頭にある。頭の中の2%くらいを占めてて何か楽しいことをしていれば忘れてしまうんだけど、100%ワクワクだけってわけにはいかないみたい。ベビー用品は安定期の動けるうちに準備した方が良いと色々なところで目にするけどなかなか買う勇気が出ない。なんならうまれてから買いたいくらい。

マタニティの衣類はなるべく買わずに頑張りたいと思っていたけどレギンスとパンツだけは今までのものでは苦しくなってきてユニクロで購入。切り替えがついてるだけでめちゃくちゃ楽チン!すごい!あとはワンピースとか大きめのトップスとか組み合わせながら乗り切りたい。ユニクロのマタニティショーツもお試しで購入してみたけど切り替えが胸の下まである深めのショーツでトイレに行くたびに面倒になってはくのやめた。シームレスショーツがいい感じに締め付けがなくて良い。

妊婦健診 1回目、2回目

《妊婦健診 1回目、2回目》

 

初診から約2週間後、1回目の妊婦健診へ。11週で経腹エコーだった。経過は順調、赤ちゃんは寝ていて体動なし。首の後ろの浮腫もなく、鼻骨形成も確認され一安心。

妊娠したら4dエコーをとってもらいたいと思っていて、他院へ予約して行こうかと思ってたら分娩先でも4dエコーでみてくれた!通常のエコーでも十分赤ちゃんのことはわかるけど4dエコーは自分で想像しなくても立体的に見えていいなあ。この日の先生は心音も聴かせてくださった。初めて心音を聴かせてもらって嬉しかった。

感染症や貧血の採血をして終了。

 


1回目の健診から約2週間後に2回目の健診。13週に入り、つわりもだいぶ落ち着いてきた。食べ物の嗜好はまだ偏っていて今はタイ料理にハマってる。とんかつ、ハンバーグ、焼きそばときてタイ料理。食費がかかるけど吐き気の強いつわりに比べれば圧倒的に楽なのでこのつわりで良かったと思う。お腹もポッコリしてきた。まだまだゆるい服装をしていたら妊娠してるかはわからない程度だけど日に日にお腹は出てくる。とても嬉しい。

1回目の採血結果、感染症や貧血は問題なし。ところが血糖値がちょうど100(基準値上限)で引っかかってしまった。妊婦の血糖値は厳しいんだ…。次回の健診時にOGTT検査をすることに。露骨に甘いものはあまり食べてないけど炭水化物ばかり食べてて心当たりがありすぎる。3週間で少し食生活を見直さないとだ。

102NOT OUT

「102NOT OUT」

〈あらすじ〉

父102歳心は永遠の26歳、まだまだ人生を謳歌する。息子76歳心も76歳、人生を楽しむには老いすぎた。父の目標は長寿世界記録の更新。周りにネガティブな人がいるのは悪影響だと息子を老人ホームに入れようとする。拒否する息子に次々と課題を出す父。課題を解く内に息子の心は変化していき…

f:id:payasamhanako:20190303122207j:image
f:id:payasamhanako:20190303122202j:image
f:id:payasamhanako:20190303122211j:image


Amitabh爺とRishiさんは特殊メイクでさらに老け込んだ。話の展開では父の出す課題の意図がわからず困惑するところもあったけど最後はホロリときた。いくつになっても子供はかわいい、年老いても楽しく生きるって映画。

f:id:payasamhanako:20190303122304j:image
f:id:payasamhanako:20190303122300j:image

Rishiさんの役は75歳のお爺さん、父、息子と3つの顔を持つ高齢者の役。75歳でも息子の顔をする場面がありとてもかわいかった。大御所の演技はすごいなと思う。展開に???となりながらもクスッとくる場面やセリフがあり飽きずにみられた。あと映画自体も102分と短いのでサクッとみられる。

f:id:payasamhanako:20190303122339j:image
f:id:payasamhanako:20190303122333j:image

飛行機のある公園や教会がとても素敵でロケ地巡りをしたいなと思った。